家庭用脱毛器の集合写真
今は家庭用脱毛器の性能が高まり、エステサロンと同等の脱毛が自宅でも行えるようになりました。

しかし、家庭用脱毛器と言っても様々で、有名どころではケノンやトリア、ブラウン、
パナソニックの光エステなどがあり、レーザーやフラッシュなど種類も異なります。

果たしてどの家庭用脱毛器が良いのか、脱毛器を選ぶ際にはどのような点に気を付ければ良いのか
始めて脱毛器を購入される方はわからないと思います。

正直、家庭用脱毛器は全ての物が良いわけではなく、その多くはパワー不足で効果が弱かったり、
性能が悪かったり、本体価格が安くてもランニングコストが高くなったりと
使って見て失敗するケースも多々あります。

そこで、家庭用脱毛器を購入する上で必ず覚えて置かなければいけない、
ポイントや基礎知識と、どの脱毛器が本当に良いのか厳選した家庭用脱毛器を紹介します。

良い脱毛器を購入すれば、高いお金と長い期間をかけてエステサロンに行く必要はありませんので、
是非、このページを参考にして下さい。

家庭用脱毛器の効果はどうなの?

脱毛器効果
多くの人は家庭用脱毛器はサロンに比べ効果が弱いと思っております。
確かに脱毛器と言ってもピンキリですから、サロンよりはるかに劣る脱毛器が沢山あるのも事実です。

しかし、しっかりとした家庭用脱毛器を使えば、効果自体は変わりません。
むしろ脱毛間隔を短くできるので、家庭用脱毛器の方が早く脱毛を終わらせられます。

サロンの脱毛機器と言っても資格も必要なく誰でも使える事が出来る物です。
脱毛機器の出力を高める事は法律上できないので、
性能の良い家庭用脱毛器と変わりません。

もちろん、医療脱毛のような永久脱毛は出来ませんが、
脱毛回数を増やしていけば、ほぼムダ毛が生えないくらいまで綺麗に出来ます。

そのためには効果が高く、性能の良い家庭用脱毛器を選ぶことです。

家庭用脱毛器の選び方

家庭用脱毛器を選ぶ上で最低限抑えておきたいポイントを紹介します。
ここのポイントを抑えておけば、脱毛効果の高い高性能の脱毛器を見極められるようになります。

効果が高い

効果を確認
家庭用脱毛器を選ぶ上で外せないのが脱毛効果です。
効果が弱ければ、綺麗に脱毛できませんし、脱毛できてもすぐに毛が生えてきます。

しかし、効果は使ってみないとわかりませんが、
目安となるのが出力レベルの幅があることです。

大抵の脱毛器はレベルを調整できますが、
効果が高い脱毛器は1~10まで設定されています。
この幅が狭いと効果が弱いと傾向にあるので、
まずはレベルを確認してみて下さい。

痛みが少ない

痛み
脱毛する以上大なり小なり痛みはあります。
ただ、痛すぎて我慢できないと使い続ける事は出来ません。

効果が高く且つ痛みが少ない脱毛器はフラッシュ式です。
フラッシュ脱毛器は痛みが少なくお肌への負担が少ないので、
ストレスなく照射することが可能です。

また、先ほどお話したように効果が高い脱毛器は、
出力レベルの幅が広く、低レベルから始められるので、
痛みを抑えながら照射出来ます。

性能が高いカートリッジを選ぶ

カートリッジ
性能が良いカートリッジとは、照射面積が広く、1ショットコストが安い物です。
このカートリッジの性能が低いと、ランニングコストが高くなり、
脱毛するのに時間も期間もかかり、大変非効率です。

照射面積が広い

照射面積は1ショットで照射できる面積の事で、
・照射面積が広いと脱毛時間も短くなり、
・少ないショット数で照射できるのでランニングコストが安い
・うち漏れが起きにく

などのメリットがあります。
というよりも照射面積が狭い事でメリットはほぼありません。

全身脱毛したい場合、最低でも6㎡はほしいです。

1ショットコストが安い

1ショットコストはカートリッジの価格÷最大ショット数です。
1ショットコストが高いと何度もカートリッジを購入しなければならず、
ランニングコストが高くなります。

本体価格が安い物はこの1ショットコストが高くなる傾向にあるので、
しっかりとコストを確認して下さい。

因みに家庭用脱毛器の中にはカートリッジを交換が出来ない使い切りの物もあるので、
その場合は本体価格÷最大ショット数で計算してみて下さい。
ただ、基本はカートリッジを交換できるタイプが良いと思います。

全身に使える物を選ぶ

全身脱毛部位
家庭用脱毛器の中には限られた部位にしか使えない物もあります。
せっかく自宅で脱毛するなら、全身に使える脱毛器を選ぶべきでしょう。

ただ、ほとんどの家庭用脱毛器はI・Oラインには使えないので、
Vラインだけではなく、I・Oラインも脱毛したいならそこをチェックすると良いと思います。

低価格の家庭用脱毛器は避ける

安い
安い家庭用脱毛器を購入してはいけないと言えば元もの子もないのですが、
現実問題は安い家庭用脱毛器は性能が悪く脱毛効果が弱いです。

また、本体価格が安い家庭用脱毛器は、
ランニングコストが高くなる物が多く、結局のところお金がかかってしまいます。

残念ながら現在は、どの方法であれ安く脱毛出来る方法はなく、
最も安い家庭用脱毛器であれ、サロン並みに綺麗に全身脱毛するのであれば、
7万円くらいはかかってしまいます。

高性能の家庭用脱毛器はある程度の料金が高いので仕方ありません。
しかし、サロンに比べれば圧倒的にコスパーが良く、
半永久的に使い続けられるメリットもあります。
<参照サイト>脱毛器さん

家庭用脱毛器の種類は?

家庭用脱毛器にはいくつか種類があります。
家庭用脱毛器を使うなら最低限の知識を身に付けて下さい。

フラッシュ式脱毛器

家庭用脱毛器やエステサロンの主流はフラッシュ式脱毛器です。
というよりもほぼフラッシュ脱毛器しか使っておりません。

フラッシュ脱毛器は、IPLという光を放ち、毛根の黒い色素に反応して、
毛細細胞に熱を与えて脱毛していく仕組みです。

特徴は、光が拡散するので、照射面積が広く、お肌へのダメージが少ない事です。
そのため痛みが少なく、お肌を綺麗に整える効果もあるので、
脱毛だけではなく、美肌にも良いケースがあります。

家庭用脱毛器を選ぶ際にはフラッシュ脱毛を選択すれば良いでしょう。

レーザー脱毛器

レーザー脱毛は医療機関でしか使えませんが、家庭用では唯一トリアというレーザー脱毛器が使えます。

レーザー脱毛も脱毛の仕組みはフラッシュ式と同じですが、
光が拡散しなくて直線的に毛細細胞まで届くので脱毛効果がかなり高いです。
効果ならエステサロンよりも全然高いと思います。

しかし、その分痛みが強く、お肌へのダメージは強いですし、
家庭用は照射面積が極端に狭いので、広範囲の脱毛には向きません。

家庭用でレーザ脱毛器を選ぶケースは部分的に剛毛で狭い範囲の脱毛をしたい人で、
且つ痛みが少ない腕とか脚とかの部位のみの脱毛をしたい方です。

全ての人とは言いませんが、フラッシュ式を選んでおけば良いと思います。

その他の脱毛器

フラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器の他にも
サーミコン式、高周波式、泡脱毛器など色々ありますが、
それらの脱毛器はそもそも脱毛ではなく除毛しかできません。

つまり、電気シェーバーと同じでその都度ムダ毛処理をしなければいけないという事です。

今は脱毛という定義が広く使われており、何でも脱毛器と言う名称にしている物も多いですが、
脱毛出来るのは、「フラッシュ」「レーザー」「電気針」だけです。
それ以外はあくまでも脱毛ではなく除毛です。

家庭用脱毛器のおすすめランキング

それではおすすめの脱毛器を紹介していきます。

あまり多いと迷わせてしまうので厳選した脱毛器のみのおすすめランニングです。

第1位 高性能脱毛器ケノン!!家庭用脱毛器の王様で最も短期間でツル肌をゲット♪

ケノン

現在発売されている脱毛器で最も売れているのがケノンでしょう。
サロンに通うことなく、サロンと同等の脱毛が好きな部位に好きなだけ出来てしまいます。

ケノンの特徴は何と言っても高性能という事。
照射面積は9.25㎡と広く、1つのカートリッジで最大100万照射でき、
1ショットコストも0.04円とかなり安いです。
カートリッジの交換なく全身何でも脱毛出来るので、家族で共有することも可能です。

また、効果に関してはレベルが10段階あり、出力の高さを決めるコンデンサは他にはない国産の特注品で、
光が拡散してパワーを落とさないように超極短発光を採用しております。

さらに全身何処でも使え、ケノン一台でムダ毛がない全身ツルツルのお肌を手に入れられます。

脱毛器の種類 フラッシュ式 照射面積 9.25㎡
出力レベル 10段階 カートリッジ 6100円(最大100万発)
美顔器機能 あり 1ショットあたりの単価 0.04円(レベル1の場合)

ケノンの公式サイトへ

第2位 家庭用レーザー脱毛器のトリア!自宅でレーザー脱毛を体験

トリア
<出典>www.amazon.co.jp/

医療脱毛以外でレーザー脱毛器ができるのがトリア。
このトリアは、アメリカのFDA(日本でいう厚生労働省)が認定しているレーザー脱毛器です。
医療レーザー脱毛機器と同じダイオードレーザーの技術を使っており、
本格的なレーザー脱毛が自宅で体験出来てしまいます。
(もちろん、医療より出力は下げられています)

このトリアの特徴は脱毛効果がとにかく高い事。
はっきり言って脱毛効果はサロンよりも高いです。

しかし、その分デメリットもあり痛みが強いのと照射面積が狭い事です。
特に痛みに関しては、敏感な部位や痛みを感じやすい女性なら耐えられない人もいます。
また、照射面積が1㎡とケノンと9分の1となり、広い範囲の脱毛は時間もショット数も必要で、
非効率です。

おすすめできる人は、剛毛で狭い範囲の脱毛だけで良い人です。
全身脱毛には向きませんが、狭い範囲の部分的な脱毛ならお勧めできます。

脱毛器の種類 レーザー 照射面積 1㎡
出力レベル 5段階 カートリッジ なし
美顔器機能 なし 1ショットあたりの単価 0.137円(本体価格の半額でバッテリーを交換)

トリアの公式サイトへ

第3位 低価格で気軽に脱毛出来るセンスエピX

センスエピX
<出典>www.amazon.co.jp/
コンパクトで使いやすく手軽に脱毛できるセンスエピX。
脱毛効果は決して高くありませんが、脱毛器にしてはお手頃な価格で、
始めて脱毛する人にはおすすめです。

センスエピXは照射面積が狭く、脱毛効果もそれほど高くはありません。
しかし、本体価格が安く、ラニングコストも安く、痛みもほぼないので、
家庭用脱毛器を使うのが不安だけど、自宅で脱毛する事に興味がある人におすすめです。

家庭用脱毛器の選び方で紹介した脱毛器には当てはまりませんが、
とりあえず自宅脱毛を試してみたい人には良いと思います。

脱毛器の種類 フラッシュ式 照射面積 2.7㎡
出力レベル 5段階 カートリッジ なし
美顔器機能 なし 1ショットあたりの単価 0.09円

センスエピXの公式サイトへ

第4位 2PSクリスタル(ツーピーエス クリスタル)

2PSクリスタル(ツーピーエス クリスタル)
ツーピーエスがバージョンアップしたのがツーピーエス クリスタル。
照射面積の広さ、最大ショット数の多さ、レベル調整の幅広さなど高性能の脱毛器です。

イメージとしてはケノンに近づけている印象ですが、
一つ一つの性能はケノンが方が高く、価格もほぼ変わらないので、同じ高性能の脱毛器を選ぶならケノンになります。
しかしそれでも十分に高性能の家庭用脱毛器なのでお勧めです。
※2019年2月現在ではツーピーエス クリスタル専用のカートリッジは未発売なので、
1ショットコストはわかりません。

脱毛器の種類 フラッシュ式 照射面積 7.04㎡
出力レベル 8段階 カートリッジ まだ未発売(今後発売)
美顔器機能 あり 1ショットあたりの単価 /

2PSクリスタルの公式サイトへ

第5位 フィリップスルメア プレステージ

フィリップスルメア プレステージ
<出典>www.amazon.co.jp/
ヨーロッパでは5年連続売上No.1のフィリップスのフラッシュ脱毛器です。
カートリッジは顔用・ビキニライン用・身体用に分けられているので、部位ごとに効果的に脱毛出来ます。
また、痛みも少なく敏感な部位でもストレスなく照射できるメリットもあります。

しかし、他の高性能の家庭用脱毛器に比べ性能が落ちるのとカートリッジが販売されておらずランニングコストが高いのがネックです。
本体価格も高いので、他と比較すると購入は迷うところです。

脱毛器の種類 フラッシュ式 照射面積 4㎡
出力レベル 5段階 カートリッジ なし
美顔器機能 なし 1ショットあたりの単価 約0.2円

家庭用脱毛器のメリットとデメリット

家庭用脱毛器を使うに当たり基本的なメリットとデメリットは理解しておいて下さい。

家庭用脱毛器のメリット

  • いつでも好きな時間と場所で脱毛できる
  • 高性能の脱毛器はサロンと効果が同じ
  • 脱毛期間が短い
  • 家族で共有できる
  • 格安で全身脱毛できる

家庭用脱毛器のデメリット

  • 手の届かい背中の脱毛は家族に手伝ってもらわなければ出来ない
  • クリニックに比べ脱毛効果が劣る
  • 自分でスケジュール管理をする
  • 脱毛するのに手間がかかる

家庭用脱毛器の使用頻度

ここでは家庭用脱毛器の使用頻度・回数・脱毛期間についてお話します。

使用頻度
回数
期間
2週間に1回

 

15~20回

 

約1年

これはオーソドックスな家庭用脱毛器の使い方で、
家庭用脱毛器の性能によっても異なるので画一的ではありません。
特に脱毛回数や期間は、家庭用脱毛器の脱毛効果や部位によって異なるので、
あくまでも目安程度の理解でいて下さい。

また、使用頻度は2週間に1度となっていますが、
毛の生え方によって使用頻度を減らしていきます。

例えば、3~4ヵ月使って毛の生える量が減ってきたら、
1ヵ月に1回して、さらに減ってきたら2ヶ月に1回というように徐々に回数を減らしていきます。

詳しくは以下の毛周期でお話しますが、毛の生える量が減っている段階で、
脱毛回数を増やして意味はありません。
無駄にカートリッジを消耗させているだけです。

毛周期を理解する

脱毛は回数を増やしていくことで徐々にムダ毛の生える量が減っていくので
1回や2回照射しただけでは脱毛を終わらせる事はできません。

しかし、だからといってむやみやたらと脱毛回数を増やしても効果はないのです。

その理由は、脱毛は毛周期のサイクルに合わせて脱毛しなくてはいけないからです。

毛周期

毛周期は、成長期⇒退行期⇒休止期のサイクルになっております。

  • 成長期⇒皮膚の中で毛が伸び始め表面に毛が出ている期間
  • 退行期⇒成長した毛が抜け落ちてくる期間
  • 休止期⇒抜け落ちた毛が成長するまで休んでいる期間

この中で脱毛は成長期の段階で照射しなければ効果が出ません。
むやみやたらと回数を増やしても効果がないというのは
こうした理由があるからです。

また、成長期では毛が全体の20~25%表面に出ていて、その毛を処理していくのですが、
家庭用脱毛器やサロンのフラッシュ脱毛では1度の脱毛で
成長期の毛を処理できないので、回数を増やしていけなくてはいけないのです。

逆に医療レーザー脱毛は1度の脱毛で成長期の毛を多く処理できるので、
少ない回数で脱毛を終わらせる事が出来ます。

つまり、毛が伸びはじめている時期は脱毛回数を増やしても良いのですが、
毛の生え方が遅くなってきて脱毛回数を増やしても効果はないのです。
そこを理解しておいてください。

家庭用脱毛器と脱毛サロンの違い

一般的に家庭用脱毛器と脱毛サロンを比べるとサロンの方が良いと思っています。
確かに家庭用脱毛器といっても様々な製品がありますし、
サロンの方が良いケースもあります。

しかし、実際は家庭用脱毛器の方が良い事も沢山あるのです。

家庭用脱毛器 脱毛サロン
価格 3~7万円(何でも脱毛できる) 30万円(全身脱毛)
期間 約1年 3年以上
痛み 同じ 同じ
効果 同じ 同じ
手間 自分で照射するので面倒 スタッフが照射してくれるので楽

家庭用脱毛器とっても様々な種類がありますから、
ここで比較したのはケノンのような高性能の脱毛器を使う前提です。

このように比較すると家庭用脱毛器の良い点が多数ある事がわかります。
もちろん、サロンの方が手の届かない部位や自分では照射しにくい部位を脱毛できるメリットもありますが、
トータル的に見れば家庭用脱毛器の方優れていると言っても良いくらいです。

脱毛サロン方が良いというのは、家庭用脱毛器の性能が悪かった時代で今は違います。

家庭用脱毛器を使う上でのポイント

家庭用脱毛器を使う際に不安に思う人も多いようですが、
実際は神経質になることはほとんどありません。

ただ、いくつか注意点やポイントを紹介しますので、
是非参考にして下さい。

日焼けした肌やほくろ・シミには照射しない

脱毛は黒い色素に反応して照射するので、
お肌が黒いと毛根ではなくお肌の表面に反応してしまい火傷する可能性があります。

また、日焼け以外にもホクロやシミなど黒い部分には照射してはいけません。

しかし、心配しないので欲しいのは、
今の脱毛器は肌色センサーが付いている物が多く、
色黒のお肌には照射できないようになっています。

仮に誤って一度や二度照射しても肌トラブルにはならないでしょう。

極端に日焼けした肌や、ほくろ・シミ以外は大丈夫なので安心して照射して下さい。
ホクロやシミ周辺に照射する場合は、バンドエイトなどでカバーすれば良いです。

家庭用脱毛器は性能の良い物を使う

安くて性能の悪い家庭用脱毛器は、脱毛直後は効果を感じるのですが、
時間が経つと脱毛する前の状態に戻ってしまいます。

逆に高性能の脱毛器は一度脱毛が終わればあまりムダ毛が生えなくなり、
ムダ毛のコンプレックスがなくなり、自己処理をほぼしなくて済みます。

保湿を心がける

家庭用脱毛器に限らず、脱毛する上で大切なのはお肌を乾燥させず保湿をしっかりとする事です。
お肌が乾燥していれば、痛みが強くなりますし、肌トラブルを引き起こす原因にもなります。

逆に保湿さえしっかりと行えれば肌トラブルは起きませんし、
脱毛効果も高まります。

まとめ

ここまで家庭用脱毛器の選び方やおすすめの家庭用脱毛器を紹介しましたが、
自宅で本気で脱毛するなら現状ケノンしかありません。

ここで紹介した脱毛器やそれ以外の脱毛器にも良い物はありませんが、
何処かに欠点やクセがあり、トータル的に見れば性能はケノンが断トツです。

自宅でサロンと同等の脱毛効果で且つサロンより早く安く全身脱毛したいなら
現状はケノン一択です。

高性能脱毛器ケノン!!

ケノン

ケノンの公式サイトへ